LIM Arm Chair

MA/OA-2103


LIM Chairに肘掛けを取り付けた「リムアームチェア」。元々組み立てに必要な穴を使用して取り付けられるため、アームを外して使うことも可能です。変化する暮らしに対応できる、新しい椅子の選択肢です。


W530 × D495 × H820 × SH425 (mm)
約5.8kg


□北海道産イタヤカエデソープ仕上げ
□北海道産ミズナラオイル仕上げ

¥63,000 (税込 ¥69,300)

*アーム単品
¥15,000 (税込 ¥16,500)


【Coloring Edition】
□北海道産イタヤカエデ ブラック
□北海道産イタヤカエデ ホワイト
□北海道産ミズナラ ブラック
□北海道産ミズナラ ホワイト
¥67,000 (税込 ¥56,100)

*アーム単品
¥16,000(税込¥17,600)



STORY

椅子にはアーム(肘掛け)の有無を選べるものが多い。その選択をする時、「今使っている椅子が肘なしだから」というような理由で選んではいないだろうか。

腕は体重の約13%を占めるらしく、それを支えるものがあるかないかは大きな違いだ。
とはいえ家族全員アームチェアがいいという訳ではなく、キッチンとの行き来が多く、立ち座りが頻繁な人は、肘掛けがない方が使い勝手が良いだろう。

この「リムアームチェア」は、アームの有無をあとから選べる。つまり後付けが可能なのだ。付属の六角レンチ一本で取り付けでき、もちろん外すこともできるし、片方だけ肘をつけるなんてこともできてしまう。

組立式の家具シリーズだからこそ生まれた、新しい椅子の選択肢。
変化する暮らしに対応できるということは、ずっと使っていけるということ。これもひとつのサスティナブルの在り方だと思う。


SH ( シートハイ / 座面高 ) について

LIM Chairのシートハイは、座って座面が沈み込んだ状態の寸法を表記しています。

シートハイには明確な測定方法のルールはなく、それぞれのメーカーやサイトが独自の基準で表記しています。しかし、多くの椅子は座面に傾斜がついていたり、クッション性があったりするもの。そのため、参考程度にしかならないのが現実です。オンラインでの販売がメインのLIMシリーズは、そういった「実際に試せないこと」からくる不安をなるべく減らすため、より正確に情報を伝えたいと考えています。

もし、家具選びに必要な情報がございましたら、お気軽にコンタクトページからお問い合わせください。

Details