北海道のワイン×道産食材のメニュー ブルースさんのワイン会を開きます

 

made in Hokkaido「北海道のワイン×道産食材」
ブルース・ガットラヴさんのお話

この数年で、北海道ワインへの注目、認識が変わりはじめています。
その中心を担う、10Rのブルース・ガットラヴさん。
私たちが販売させていただいている東川キトウシワインも、
ブルースさんの栽培指導と醸造協力のもと生産されています。
キトウシの麓にあるブドウ畑で育てられた100%東川町産の葡萄と、
この土地の自然酵母で醸造されたキトウシワインは、
香りや酸味のバランスが良く、美味しさが真っすぐに伝わるようなワインです。
キトウシワインはじめ、北海道の葡萄のみを使って作られる高品質な希少ワインたちのご紹介と、
ブルースさんによるワインのお話しを伺いながら、
道産食材を使った食材とワインのマリアージュをお楽しみ下さい。

 

ワイン

2014年 森臥 バッカス(名寄)
2015年 中澤ヴィンヤード 栗沢ブラン(栗沢)
2014年 近藤ヴィンヤード Tap-Kop Kon Kon (三笠)
2014年 Kitoushi 赤(東川町)
2015年 Kitoushi 赤(東川町)
2014年 こことある ツヴァイゲルト(余市)
*2月10日追記
 

フード

季節野菜のテリーヌ 有機人参のディップ
昆布〆天然ヒラメと野菜のマリネ
ホタテの白菜ソースのパスタ
赤玉ねぎのポタージュ
無農薬リーフサラダ
生ハムと自家製グリッシーニ
じゃがいものニョッキ
豚肉のロースト デミグラスソース
ノースプレインファーム、共働学舎のチーズ
*2月13日追記
 

日時:2017年2月19日(日)16時~18時
定員:30名 要予約
参加費:5,000円(税込) 試飲ワイン6種/道産食材を使用したお料理
協力:東川町
協賛:(株)東川振興公社
*お車でご参加のお客様には、試飲のワインをお持ち帰りいただけます
*東川道の駅まで、送迎車をご用意致します
ご予約は北の住まい設計社 東川ショールーム[TEL.0166-82-4556]まで

 

 

ブルース・ガットラヴ[Bruce Gutlove]
1961年ニューヨーク生まれ。1986年にカリフォルニア大学デイヴィス校の醸造学科を卒業後、名だたるワイナリー数カ所で実地にワイン造りを学ぶ。その後、1989年より、足利市にある知的障害者のための施設「こころみ学園」を母体とするココ・ファーム・ワイナリーで、ワイン造りに携わる。日本のぶどうを使って数々の名ワインを作り上げ、日本のワインを世界的水準にまで引き上げる牽引力となってきた。2009年に「自分らしいワインを作ってみたい」と岩見沢市栗沢に農地を取得し自らワイン用ぶどう品種のソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノアールの栽培を始め、2012年にワイナリー「10R(トアール)」を岩見沢市に設立。2013年より東川ワイン「キトウシ」の醸造を受託。ワインの楽しみ方を日本により深く、広く伝え続けている。
ココ・ファーム・ワイナリーで
2000年 スパークリングワインが九州・沖縄サミットの首里城での晩餐会で飲まれる。
2008年 赤ワインが北海道洞爺湖サミットの総理夫人主催夕食会で飲まれる。