トップへ戻る


軽井沢 別荘

施工例 / 新築
  • ウッドロングエコを塗った杉材張りの平屋

  • 大きな開口部から雑木林やドッグランが一面に広がる。

  • 中央には、札幌軟石で丸く縁取ったファイヤースペース。

  • 縁取りの内側は金鏝で押さえたモルタル、札幌軟石は柔らかく加工が容易で多孔質なので、触れた感じも温かみがある優れた素材

  • リビングと廊下を区切る造作とn'frameBOXを組み合わせたカウンター、天板は札幌軟石。オーディオやレコードが収まる予定です。

  • アイランドキッチンの前にはダイニングテーブルシェーカー

  • ライムストーンの床と台輪、白木の引き出しとステンレスの天板、機器関係はMieleで統一。

  • 壁の羽目板も広葉樹で統一し、家具との一体感が高まっています。

  • 洗面台は、この空間に合わせてパイン製のクラシックなデザイン。1台だけ残っていた貴重なシリーズです。

  • 脱衣場、西面の雑木林から美しい光が差し込みます。

  • ゲストルームはシングルのベッドが2台

  • 主寝室、こちらはダブルのベッドが2台

  • ワイン庫は杉板の無塗装貼り、天井は厚塗りの珪藻土と湿度調整を最大に。

DATA

竣工 2016年
延床面積 131.66m²
構造材 北海道産エゾマツ
トドマツ(手刻み)
外装 道南縦杉貼り
ウッドロングエコ仕上げ
屋根 ファイバーグラス
シングル

NOTE

深い朝霧に覆われた浅間山山麓、カラマツや雑木が林立する林の中の道を進むと、板張りの平屋の別荘が現れます。
ご夫婦と愛犬2匹の別荘、道産カバの床材とライムストーン、そして白い紙クロス、全体的に白系で統一されたシンプルな空間に、選び抜かれた調度品が置かれる、大人の別荘。そして、どの部屋の窓からも緑が切り取られるところが、緑の多い軽井沢ならではの贅沢です。

今回、軽井沢に別荘を建てるにあたり、寒さに対応しているだろう弊社にお願いしてみようと思われたそうです。
暖房機は2台の床下エアコン、稼働するとリビングダイニングが全面床暖房の様に温まります。現在は道路側にドッグランを作っている途中ですが、土工事をする音も、高断熱の壁とトリプルガラスの木製サッシが遮ってしまい、ほとんど気になりません。

周りの木々が成長して、この平屋の家が隠れるようになっていくのが楽しみです。都会の暮らしとはまたひと味違う、木の家の暮らしを楽しんでいただけたらと思います。