GROUP WEB SITE

GROUP SITE

北の住まい建築研究社
北の住まい設計社の家づくり
GOOD NEWS
北の住まい設計社 直営店情報

BLOG

M-chair Rockingの製作が進んでいます。

後脚。正確に同じ形に削り出すため、型に沿って削れていく加工をしていきます。

刃物と手が近くなるので、緊張感があります。

常に危険と隣り合わせの仕事。

機械は慣れてきた頃が危ないとよく言われます。

ベテランの職人さんたちでも、機械を使うときは厳しい表情に見えます。

家具作りは毎日真剣勝負です。

東川町に新しくできる滞在施設の家具一式を、北の住まい設計社で提案させていただきました。

今日はその搬入へ。

東川町内にあった古い納屋を移築・再生した建物だそう。

小屋組を支える立派な梁が印象的です。

ナラ材の床に合わせ、家具もナラで統一。

薪ストーブの前にはロッキングチェア (M-chair Rocking)

憧れている方も少なくないのでは。

北の住まい設計社の家具を体験できる場所がまたひとつ増えました。

今日は雪。やはり春はまだ先のようです。

雪がよく似合います。

今日は気分を変えてローキーで工場を写してみました。

photoshopの調子が悪いので撮ってそのまま。

ベテラン職人の作業場 兼 休憩室 兼 朝礼室です。おそらく教室だった部屋。

機能に徹する道具には、絶対的な美しさが宿っているように思います。

 

ついに土も顔を出し始めました。道路も、大きな通りは乾いて走りやすくなってきました。

しかし油断した頃にどかっと積もるので、まだ気は抜けません。

歌合戦ではなく、

Lilla Ålandです。めでたい組み合わせ。

こちらはブルーグレーという色。

Lilla Ålandは、オイルやソープ仕上げももちろん素敵ですが、カラーリングがよく似合う椅子です。

僕の家にもブラックが1脚ありますが、背もたれのスポークが空間を引き締めてくれるような気がします。

ブルーグレーは、くすんだ色味なのでポップになりすぎず、どんな部屋にも似合いそう。

色で悩んでみるのも楽しいかもしれません。

ちなみに僕がもしもう一脚買うとしたらグレーを狙います。

Lilla Åland製品ページはこちら

n’frame Box、パーツの取り付けが終わり、続々と完成してきました。

前板の隙間が均等になるように調整しながら取り付け。

仕上げと塗装はすでに終わっているので、傷をつけないよう慎重に作業を進めます。

以前ご紹介した建具も、徐々に扉らしさを増してきました。

敷地内ではいたるところで動物の足跡を見ることができます。

シマエナガが来ているという情報も。

見つけて写真を撮りたい。

暖かい日が続いている東川。

屋根の雪が落ちやすくなっているので、突然落ちてしまう前に雪下ろしをしてくれていました。

「外回り」と呼ばれる仕事を担当する二人。

鈴木木材さんから届いた木材の管理(桟積みや乾燥庫からの出し入れなど)がいつもの仕事です。

それに加えて冬は除雪、夏は砂利敷きなど、仕事内容は多岐に渡ります。

毎日不自由なく仕事ができるのはこの二人のおかげと言っても過言ではありません。

木材の乾燥にも多くの知恵や技術があります。

いつか詳しくご紹介したいと思います。

今日は全道的に暖かくなったようです。

東川でも、屋根に積もった雪が溶けていきました。

昨日積もったぶんくらいは溶けたかもしれません(希望的観測)

まだまだ春は来ませんが、春さえ感じる陽気。

こんな暖かくなった日は屋根からの落雪に注意しないといけないですね。

Grace Chairの組み立ても着々と進んでいます。

北の住まい設計社では、住宅に使う建具もオリジナルで製作しています。

現在も、B工房でまとまった数の建具を製作中。

これだけ長い部材の加工になると、反りとの戦いになります。

木材の乾燥状態はもちろん、機械に通した時の熱や、保管の仕方によって反ってしまうことも。

なるべく反りが出ないように気を使いながら加工していきます。

製作を担当する職人さんは、とても几帳面で、作業場はいつも整っています。

部材を積むときもこの通り。ピッタリと端を合わせます。

これは、見た目が綺麗なのはもちろんですが、日焼けによって線がついてしまうことも防いでいます。

建具だからといって手を抜いたりすることはなく、ひとつひとつ手で仕上げ。

この丁寧さ、見習いたいと思います。

 

ついにGrace Chairの組み立てが始まりました。

今回は120脚まとめて製作しています。

椅子の場合は特に機械のセッティングに時間がかかるため、まとめて作った方が効率的なのです。

背もたれ部分の部材でしょうか。手前にもあります。すごい数。

これだけ多いと、一つの工程に数日かかることも。

根気のいる作業です。

担当するのは工場唯一の女性の職人。

丁寧な手つきで、注意深く確認しながら作業を進めています。

以下、今までの作業の写真です。

変化の少ない単調な作業を地道に続けてきました。

この職人さんは登山が趣味なので、登山で培われた精神力が生かされているのかもしれません。

組み立ても長い長い道のりですが、完成したら登頂した時のような達成感が待っているはず!

Grace Chair製品ページへ

北の住まい設計社の工場は、廃校になった校舎を利用しています。

今年で築90年を迎える建物です。

当時体育館だった建物が、家具製作の場として活躍しています。

使い込まれた床には、体育館だった頃の名残が。

バドミントンコートのラインでしょうか。

ラインが残っているということは、当時のまま使い続けているということ。

平らな床ではないので、台車が動きにくいなど不便さはあります。

しかし、永く使うことを目指してものづくりしている私たちにとって、この校舎を残していくことは目先の便利さよりも大切なことです。

昨日少し紹介した立教大学食堂の椅子の組み立てをしていました。

色が薄い部材は、今回新しく作り直したもの。

チェリー材は特に色の変化が顕著です。

大学の食堂という酷使されていそうな環境の椅子ですが、修理することでまた10年20年と使い続けていくことができます。

色もいずれ馴染んでいくでしょう。

 

窓ガラスに植物のような模様。不思議です。

William Morrisの作品のよう。